【Employee Voice vol.9】「接客業を通じて、互いに人間性を高め合える職場。」

店舗運営部 第二運営課
星乃珈琲店 福井江守店 配属
店長 佐々田 光一郎(40代) 2009年2月入社

入社動機は?

 社会人になって接客業に従事するも、事情があって事務職に転職。もちろん事務職もやりがいはありましたが、やはり自分のやりたいことは接客、お客様とのコミュニケーションだと思い直し、弊社への入社を決めました。

仕事の内容は?

 現在、店長として“お客様がいかに気持ち良く過ごせるか”を考えながら、店舗運営管理にあたっています。管理といっても、仕事のメインは現場であり、お客様とのコミュニケーションです。お客様から直接「ありがとう」の言葉をいただけることで仕事に対する意欲がわきます。それに接客に集中するスタッフの姿や成長の過程を見ていると、親のような気持ちになりうれしくも感じます。上司といっても上から命令するだけでなく、常にスタッフと一緒に考え、互いに意見し、認め合うことが、良い店づくりにつながっていると確信しています。

仕事に対して心掛けていること。

 弊社が手掛ける4業種は、すべて接客が基本で、お客様との関わりから人間性も高めていけます。私自身、接客で我慢強くなり、内面性が磨かれ、価値観が高まってきたと実感しています。今後は自分だけでなく、職場の仲間と共に人間性を高めていくつもりです。

関連記事

  1. 【Employee Voice vol.10】「“風通しの良い職場”とは」

  2. 【Employee Voice vol.1】「お客様、そしてスタッフへの気配り・感謝で、 心地いい店をつくる。」

  3. 【Employee Voice vol.3】「失敗を恐れることなかれ、失敗は自分を成長させてくれます!」

  4. 【Employee Voice vol.5】「自身が経営するつもりで店舗運営管理に臨んでいます。」

  5. 【Employee Voice vol.6】「明確な意思にあるところに、行動が促され、成功に繋がっていく」

  6. 【Employee Voice vol.8】「行動の根底にあるものは、ただただ純粋な探求心」